So-net無料ブログ作成

Sir Winston Leonard Spencer-Churchill の言葉。 [くだらない能書き]


チャーチルの言葉.gif

タグ:チャーチル
nice!(120)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 120

コメント 15

ponnta1351

何か、あの人っぽい様なヽ(=^゚ω゚)^ぷぷぷ~!
by ponnta1351 (2011-06-07 20:03) 

ねじまき鳥

まるで誰かのことですね。

by ねじまき鳥 (2011-06-07 21:35) 

斗夢

ダメな人を見ていると自分は素晴らしいと思う。
by 斗夢 (2011-06-08 07:42) 

那穂

ご訪問ありがとうございました。
by 那穂 (2011-06-08 17:40) 

olegon

はじめまして。ご訪問頂いてありがとうございます。コメントじゃまくさおで受付しておりませんが、またお越し下さいませ。
by olegon (2011-06-09 02:51) 

意馬心猿

ponnta1351 さん
ご訪問&ナイスありがとうございます。
だれか個人ってだけでなくあの世界がこの言葉そのものですね。
by 意馬心猿 (2011-06-09 12:50) 

意馬心猿

ねじまき鳥さん
ご訪問&ナイスありがとうございます。
まるで「あの人たち」ですね。
by 意馬心猿 (2011-06-09 12:51) 

意馬心猿

斗夢 さん
ご訪問&ナイスありがとうございます。
「人は自らより劣る者探し、安堵する」
「人の批判はすぐ出来る。が、自らの足元が見えている者は少ない」
by 意馬心猿 (2011-06-09 12:54) 

意馬心猿

那穂さん
こちらこそご訪問&ナイスありがとうございます。
by 意馬心猿 (2011-06-09 12:54) 

意馬心猿

olegon さん
こちらこそご訪問ありがとうございます。
気負わずのんびりやりましょうね。
by 意馬心猿 (2011-06-09 12:56) 

意馬心猿

newbauさん

ひーさんさん

Nlzさん

りたーむさん

すももさん

大林 森さん

やまださん

ひろきんさん

てんぽくさん

nikiさん

夏炉冬扇さん

ユウさん

りょうさまさん

yoshinonokoさん

jackさん

KOBUさん

ヒロンさん

きゅきゅさん

サワヤマケンヂさん

めたぷーさん

mauさん

水上耕助さん

じょわがめさん

atさん

ナカムラさん

ようこせんせいさん

Kojiさん

sanshonomiさん

HAtA.さん

kawasemiさん

newtonさん

may234さん

ゆうみさん

いずみさん

kiyoさん

okin-02さん

モルディブTシャツさん

どぼちょんぱぱさん

うつマモルさん

理樹さん

キタロウさん

月夜空さん

pampelmuseさん

haruさん

ピースの後見人さん

WhiteWolfさん

リュカさん

オカジュン765さん

eggさん

はる(uta)さん

aoniyoshiさん

こさぴーさん

「直chan」さん

aidesuさん

だみかんさん

萌田かずきちさん

Mestさん

thisisajinさん

me-coさん

ちょいのりさん

大智さん

caverunaさん

紫さん

NOBUさん

yayu-changさん

ゆうさん

mipokoさん

takaranoumiさん

suzuranさん

かずのこさん

tsunさん

mikaさん

AYAさん

hakuさん

観自在さん

kurakichiさん

cjlewisさん

pocoApocoさん

akiponさん

Liveさん

t-youhaさん

denta60さん

takemoviesさん

ramさん

yuibunさん

konnさん

むらさきさん

がりさん

たもちゃんさん

あいか5drrさん

壱日三食さん

俺さん

ははぽんさん

kazu365さん

彩雲さん

はるさん

goingさん

xml_xslさん

KOYUKIさん

風太郎さん

ソニックマイヅルさん
ご訪問&ナイスありがとうございます。
by 意馬心猿 (2011-06-09 13:01) 

HINAKA

HINAKAです。

意馬心猿様

いつも御訪問、ありがとうございます。
かのチャーチル氏は、英国議会史上様々な意味で、空前の人ですが、その片鱗は既に少年時代から知られていたそうです。

名家の跡取りでありながら、徹底した勉強嫌いで、喧嘩と冒険(家出と寮逃げ)に明け暮れ、近所の悪ガキ(当時としての労働者階級で、貴族階級からは人間扱いされていない)を集めて、暴れ回るのですが、決して自分より強い者の下に付く事は無い!
つまり、必ずお山の大将でいないと、気が済まない徹底した負けず嫌い。この性格は、諺通り「三つ子の魂、百まで」で、議員になり大臣になっても、変わりませんでした。

本来であれば、夏休みといえども劣等生は、寮で徹底的に補習漬けにされるにも関わらず、家に帰されたそうです。
もしや成績が上がったのでは?という両親の期待は、彼が見せた成績表で裏切られます。ほぼ白紙の成績表で、校長の言葉として「自分の生涯で、このような生徒は見た事がありません。その先行きを憂いながら、もはやどう扱っていいのか分かりかねます~」という訳で、事実上放校された!らしいのです。

それでも名家の看板で、何とか有名校を卒業した彼は、海軍士官となりますが……結果的に議員となり、成り行きで海軍大臣にもなります。
折りしも、第1次世界大戦の時、有名なガリポリの戦いで彼は陸軍大臣と対立、海軍のみでダーダネル海峡の突破を強行し、「大英帝国史上最悪の敗戦」と呼ばれる敗退の末、結果的には大臣の辞任に追い込まれます。
しか彼は、生涯「ダーダネルの作戦は正しかった!」と言って、譲らなかったそうです。

また彼は、イギリス議会史上数名しかいない、保守党から自由党、そしてまた保守党へと返り咲いた希有な政治家です。
イギリス国民と、議会の偉いところは、第二次世界大戦が始まった時に、「首相は彼しかいない!」と一時は落選して議員職まで失った彼を、「非常の時の最上のリーダー!」と認めた事だと思います。
故に戦争が終結すると、すぐの総選挙で保守党が敗北し、彼は首相でなくなります。

彼の名言集には際限がありませんが、今回の言葉と重複しながら、戦時下の名言として伝えられるのは、以下の言葉です。
「断じて屈服するな!断じて屈服してはならぬ!断じて、断じて、断じて……事の大小を問わず、内容の如何を問わず……己が名誉に賭けての、信念と良識以外には、如何なるものにも屈服するな!!」

現在、第2次大戦時の大英帝国王ジョージ6世が本来国王になる予定が無く、幼少時から病弱な上に足が悪く、言葉も満足に話せない(吃音症)でした。
しかし、兄の「王冠を賭けた恋」の為に、望まずして英国王となり、さらに開戦となって国民の前で、演説をするハメになり、どれほど苦労したかを描いた映画が公開されています。この「英国王のスピーチ」に、チャーチルも少しですが出ています。
しかし彼が、生涯遺伝性?の鬱病に悩まされ、毎日昼寝を欠かさなかった事は、意外と知られていません。実は、ナポレオンも有名な3時間睡眠の影で、毎日3時間近くの昼寝を欠かさなかった事も、余り知られていません。

現在医学では、このような病気に昼寝が効果のある事は知られていますので、意外とナポレオン(チャーチル氏の尊敬する)も、鬱病傾向だったのかも知れません。
ある意味では、非常時には「常識と良識と健康に恵まれた」人物に、大局の指揮は向いていないのかも知れません。

ちなみに、第2次大戦下のアメリカ大統領ルーズベルトも、最近までは小児麻痺(成人でも発病します)と言われていた、ポリオに28歳(1921年)で罹り、後遺症から生涯車椅子生活を余儀なくされます。
しかしこの事は、当時のマスコミの良識?として、一切報道されず、国民は死後も長くその事実を知りませんでした。現在残っている車椅子姿の写真は、わずか2枚だと言う事です。

と言う事で、チャーチル氏支持?の意味での長文、大変に失礼致しました。


by HINAKA (2011-06-10 14:56) 

意馬心猿

HINAKAさん
ご訪問&ナイスありがとうございます。
「今我々に必要なのは過去の栄光ではなく、現実を直視した謙虚さである。」という言葉も好きです。
by 意馬心猿 (2011-06-11 15:58) 

意馬心猿

くらいふさん

マチャさん

yoshiさん

novさん

yajoさん

mamezoさん

Rifleさん

chiekoさん

snaoさん

Kiteさん

月夜さん
ご訪問&ナイスありがとうございます。
by 意馬心猿 (2011-06-11 15:59) 

意馬心猿

エコピーマンさん

Caelumさん
ご訪問&ナイスありがとうございます。
by 意馬心猿 (2011-06-12 13:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。